• プリザーブドフラワーの特徴

    プリザーブドフラワーは普通の切花のように、短期間で枯れてしまうことはなく長期間にわたって綺麗な状態を保ち続ける加工花です。
    ドライフラワーとも違い、切花のように水分が含まれた色鮮やかな状態です。



    水やりの必要もなく、匂いもなく花の匂いやアレルギーなどがある人も安心です。

    livedoorニュースの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

    また生花では不可能な色なども染料を吸わせる加工により可能になり、カラーバリエーションがとても豊富です。触った質感はドライフラワーや造花のようなカサカサした質感ではなく、生花に近い柔らかい質感です。

    プリザーブドフラワーは半永久的に持つと言われますが、日本では綺麗な状態を保つのは2、3年程度です。

    プリザーブドフラワー情報の差に驚きました。

    日本は湿気が多いので、プリザーブドフラワーを痛めやすい気候です。
    なるべく長持ちさせるためには、湿気と高温を避けることが大切です。

    直射日光や急激な温度差なども、プリザーブドフラワーを痛める原因になります。

    梅雨の時期や夏には風通しの良い、直射日光の当たらない場所に飾ります。
    エアコンによる温度差も避けるために、送風が直接当たる場所は避けてください。プリザーブドフラワーは柔らかくデリケートなので、なるべくケースに入れて飾ってください。

    ケースに入れない場合はほこりなどがたまって汚れてしまうので、優しく掃除してください。


    毛先の柔らかい筆や化粧ブラシなどで、そっとなぞる程度にほこりを取りましょう。
    価格は生花よりは加工されている分高くはなりますが、しっかりとケアすれば長期間飾っておけるのでプレゼントにおすすめです。